読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントは別れたいんだろうなあって・・・

友人のご主人が浮気をしました。

この件を愚痴られた時は、他人事でもあるので「大変だね」と聞き役に徹しました。

だって、鬱憤溜まってるんだろうなあっと思って。

電話で延々と愚痴るのを1週間ほど続けた友人は、ご主人の土下座と引き換えに家庭に留まることを許したのだそう。

私的にはこっちのほうが驚きでした。

あんな剣幕で怒ってたのに、許せることに。

そして、別の女性とチューしたであろうご主人と再び向き合えることに。

正直、気持ち悪くて生理的にひとつ屋根の下で過ごすなんて無理だと勝手に想像していましたから。

でも、お金と子供と世間体と。

あれこれと理由をこじつけて、結局は元のさやに納まりました。

自分だったら・・・という想像は無意味だと思いますが、他の女とベッドにゴロゴロした人を家族として絆は築けないと考えます。

修復を選んだ友人の自分を押し殺す忍耐力には感服しますが、同情せずにはいられません。

やっぱり本音は別れたいんだろうなあって。

それが女ってもんじゃないでしょうか。